「ワイマックス」「Yモバ」「格安sim」理解していますか?

coder-1869306_640

携帯型Wi-Fi端末について調査していると、毎回目にするのがワイマックスの現金払い戻しキャンペーンです。驚くことに、4万円を若干下回るくらいの高額な現金払い戻しを実施しているところも存在します。

「ワイマックス」と「Yモバ」と「格安sim」の3つを購入候補として、それらの良い所と悪い所を理解した上で、利用状況に見合った携帯型Wi-Fi端末をおすすめ順の形でご紹介したいと思います。

モバイルWiFiを1つに絞る際に一ヶ月のコストだけで判断してしまいますと、悔いが残ることになりますから、そのコストに注意を払いながら、その他で留意しなければならない項目について、明快に解説致します。

Yモバが提供しているポケットWiFiは、定められた通信量をオーバーしてしまうと、通信量制限が掛けられます。なお通信量制限が掛けられることになる通信量は、申し込む端末毎に異なります。

ポケットWiFiは、携帯みたいに端末本体が基地局と無線にて接続されるというシステムなので、繁雑な配線などは不必要ですし、ADSLであったりフレッツ光を申し込んだ時みたいなインターネット開通工事も必要ないのです。

通信量制限も大切な判断基準

adult-1867751_640

「ワイマックスのサービス地域確認をやってみたけど、実際に電波が来ているのか?」など、自身が毎日毎日モバイルWiFi機器を使っている地域が、ワイマックスが使用可能な地域なのかそうでないのかと心配しているのではないでしょうか?

通信量制限の規定を設けていないのはワイマックスのみというイメージをお持ちかもしれませんが、Yモバにも通信方式を切り替えることで、通信量制限が適用されることなく利用できる「アドバンスモード」という上位プランがあるのです。

インターネット接続業者(ISP)が様々な戦略の中で提案している携帯型Wi-Fi端末の月々のコストや現金払い戻しキャンペーンを比較して、おすすめ順一覧にしました。ルーターをチェックしている人は、率先してご覧になっていただきたいです。

ワイマックス携帯型Wi-Fi端末は、複数の種類がありますが、一つ一つ組み込まれている機能が違います。ご覧のサイトでは、各々のルーターの機能とか仕様を比較することができます。

インターネット接続業者(ISP)によっては、現金払い戻しを40000円近くに設定しているので、モバイルWiFi自体の月額コストがいくらか高めでも、「きちんと金額を弾いてみるとむしろ安い」ということがあり得るのです。

モバイルWiFiルーターに関しては、契約年数とひと月のコスト、それから速度を比較して選び出すのが大切です。もっと言うなら使う状況を予測して、モバイル通信可能地域を把握しておくことも必要だと考えます。

キャッシュバック・キャンペーンに騙されてはいけない

access-1867690_640

ワイマックスと言いますと、いつの時代も現金払い戻しキャンペーンに視線が注がれますが、最近の傾向として月額コストが安くなるキャンペーンも人気を博しています。

UQワイマックス以外のインターネット接続業者(ISP)は、本家であるUQワイマックスから通信回線の設備を拝借させてもらうためのコストしかかからないので、UQワイマックスと比較したところで、そのコストは低い金額になっていることが通例です。

ワイマックス携帯型Wi-Fi端末と呼ばれるものは、ワイマックスのモバイル通信網を活用することで、パソコン又はタブレットなどのWiFiをキャッチすることができる端末をネットに接続するための、コンパクトサイズの通信機器です。

「モバイルWiFiにチェンジしようと思っているけど、高速&無制限モバイル通信で名の通っているワイマックス2+(ギガ放題)とYモバ提供のポケットWiFiのいずれにしようか決めかねている。」と言われる方を対象に、両者を比較してご覧に入れたいと思います。